引数のタイプとルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-09-23
dita:mapPath
ja-JP/fsi1592016213432.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/wrg1590696035526.ditaval
dita:id
B035-1210
Product Category
Software
Teradata Vantage

この関数には、データ型がVARCHAR(n) CHARACTER SET UNICODEの式を渡さなければなりません。この(n)の最大対応サイズは32000です。UDFに適用される暗黙のデータ型変換ルールを使用してVARCHAR(32000) CHARACTER SET UNICODEに変換できる、データ型の引数も渡すことができます。例えば、CAMSET(CHAR)は可能です。暗黙的にCAMSET(VARCHAR)に変換できるからです。

UDFの暗黙の型変換ルールは、Vantageで通常使用される暗黙の型変換ルールよりも制限されています。UDFの暗黙の変換ルールに従ってVARCHARに変換できない引数は、明示的にキャストする必要があります。

この関数への入力はUnicode文字データでなければなりません。

入力としてNULLを指定した場合、この関数はNULLを返します。