16.20 - 例: 名前付きの式を指定したAS … WITH NO DATA - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このCREATE TABLE … AS … WITH NO DATAリクエストは、subqueryからtarget_tableを作成します。このsubqueryでは、すべての列式の名前が明示的に指定されています。target_tableのために列の名前を定義する必要はないので、そのような定義はありません。

このリクエストはsubqueryを指定していて、明示的なテーブルの種類が指定されていないため、target_tableのテーブルの種類のデフォルトは、subquery_tableのテーブルの種類ではなく、セッション モード デフォルトになります。

     CREATE TABLE target_table AS (SELECT column_x + 1 AS column_x,
                                          column_y + 1 AS column_y
                                   FROM subquery_table )
     WITH NO DATA;