16.20 - source_data_type - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

STRUCTURED型UDTまたはDISTINCT型UDT、あるいは任意の有効な事前定義データ型のいずれか。ARRAYまたはVARRAY型は指定できません。データ型のリストについては、データ型構文を参照してください。

source_data_typetarget_data_type、または両方をUDTにする必要があります。これは、ユーザー作成のUDTまたは内部UDTのいずれかになります。

source_data_typeが事前定義データ型である場合、キャスト ルーチンはキャスト関数にする必要があります。 SPECIFIC FUNCTIONを参照してください。

例: VARCHARとしてのソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、circleToVarcharという特定メソッド名を持つメソッドを使用して、ソースのデータ型circleからターゲットのデータ型VARCHAR(32)への変換を行なうキャスト操作を作成します。

     CREATE CAST (circle AS VARCHAR(32))
     WITH SPECIFIC METHOD SYSUDTLIB.circleToVarchar