16.20 - 例: AT LOCAL日付を指定するパーティション式 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

tsを含む表が次のPARTITION BY句で作成されたときに、その列にタイムゾーン データ型を持たないTIMESTAMP(0)があり、現行セッションのタイムゾーンがINTERVAL '04:00' HOUR TO MINUTEであるとします。RANGE_N関数はINTEGERデータ型をとります。

     PARTITION BY RANGE_N(CAST(ts AS DATE AT LOCAL) 
                          BETWEEN DATE '2003-01-01' 
                          AND     DATE '2009-12-31'
                          EACH INTERVAL '1' MONTH)

Teradata Databaseは暗黙的にこのパーティション式を書き換え、次のようにLOCALを特定のタイムゾーンで置き換えます。

     PARTITION BY RANGE_N(CAST(ts AS DATE AT '04:00') 
                          BETWEEN DATE '2003-01-01' 
                          AND DATE '2009-12-31'
                          EACH INTERVAL '1' MONTH)