16.20 - BY user_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このBEGIN LOGGING文のロギングのルールを適用するユーザーのリスト(任意指定)。

Teradata Databaseによって権限が許可されたユーザーのロギングの場合、ユーザー名は既存するTeradata Databaseユーザーである必要があります。

LDAPディレクトリ内の権限が許可されたユーザーのロギングの場合(許可メカニズムでAuthorizationSupported=yesの場合):

  • ユーザーがディレクトリの永久データベース ユーザー オブジェクトにマップされる場合、マッピングされたデータベース ユーザー名を指定します。
  • ユーザーがディレクトリの永久データベース ユーザー オブジェクトにマップされない場合、ロギングはサポートされません。

BY user_nameオプションを省略すると、すべてのユーザーが暗黙的に指定されます(すでにシステムに定義されているユーザーと、将来、このロギングの指示が有効な間に定義されるユーザー)。

BY user_nameもONキーワードのobject_nameも省略した場合は、システムのすべてのユーザーおよびオブジェクトに対して、指定された動作がロギングされます。