16.20 - MODIFY DATABASE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定したデータベースのパラメータを変更します。

必要な権限

参照されるデータベースに対するDROP DATABASE権限が必要です。

ユーザーを変更する手順については、MODIFY USERを参照してください。

MODIFY DATABASE文が実行されると、システムは変更中のデータベースに対して排他ロックを設定します。

必要に応じて、PERM、SPOOL、TEMPORARYのいずれかの定義済みの領域が、システム内のAMP数の倍数で、現在よりも1段階大きな値に変更されます。

同じMODIFY文で1つ以上のオプションを変更できます。変更されたオプションは、データベースに対して実行されるその後のすべての操作に適用されます。

既存のオプションがMODIFY文によって変更されない場合、そのオプションは事前に定義された値のままとなります。

自動的に与えられる権限

MODIFY DATABASE ... DEFAULT JOURNAL TABLE文を正常に実行依頼すると、ジャーナル テーブルのデータベースに対して次の権限が自動的に付与されます。
  • DROP TABLE
  • INSERT

構文