16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザー、データベース、またはプロファイルのデフォルト マップ

ハッシュ インデックスの直接所有者となれるのは、ユーザーまたはデータベースです。CREATE USER DEFAULT MAPオプション、MODIFY USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、MODIFY DATABASE DEFAULT MAPオプション、CREATE PROFILE DEFAULT MAPオプション、またはMODIFY PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

ユーザー、データベース、またはプロファイルのDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプション

指定したマップが存在しない場合、自分に付与されていない場合、同じセキュア ゾーンにない場合、または使用できない場合は、指定したマップの代わりにデフォルト マップが使用されていることがメッセージに示されます。ユーザー、データベース、またはプロファイルにDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプションが指定されていない場合、これはデフォルトの動作です。ユーザー、データベース、またはプロファイルにDEFAULT MAP OVERRIDE NOT ON ERRORオプションが指定されている場合にのみエラーが発生します。

CREATE HASH INDEX文のデフォルトのマップ

ハッシュ インデックスを作成するときにMAPオプションを指定しない場合、システムによりハッシュ インデックスのデフォルト マップが次の優先順位で決定されます。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。