16.20 - authorization_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この許可で使用される名前を指定し、この名前を外部ルーチン定義内で呼び出せるようにします。CREATE FUNCTIONとREPLACE FUNCTION(外部形式)CREATE FUNCTIONおよびREPLACE FUNCTION(テーブル形式)CREATE METHOD、およびCREATE PROCEDUREおよびREPLACE PROCEDURE (外部形式)を参照してください。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

次のようなルールが、許可名に適用されます。
  • 許可は、その許可が作成されたデータベースまたはユーザーに属し、他のデータベースまたはユーザーでは無効です。 SCRIPTテーブル演算子で許可オブジェクトを使用する詳細については、<Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。
  • 許可オブジェクト名は数字で始めることはできません。
  • 許可オブジェクト名はSQLキーワードであってはなりません。
  • 許可オブジェクト名はこれを含むデータベースまたはユーザー内で固有でなければなりません。
  • 許可オブジェクト名は、オブジェクト命名ルールに準拠している必要があります。
database_name
user_name
定義または置換される許可が含まれる、現在またはデフォルト以外のデータベースまたはユーザーの名前(オプション)。
DEFINERまたはINVOKERの指定には、次のルールが適用されます。
  • データベースまたはユーザーは、ただ1つのINVOKER許可オブジェクト名に関連付けることができます。
  • データベースまたはユーザーは、ただ1つのデフォルトのDEFINER許可オブジェクト名に関連付けることができます。
  • データベースまたはユーザーは、デフォルト以外の多くのDEFINER許可オブジェクト名に関連付けることができます。
  • DEFINERを指定する場合、指定するデータベースまたはユーザーは、UDF、テーブルUDF、メソッド、外部SQLプロシージャのいずれかの格納先データベースまたはユーザーでなければなりません。
  • INVOKERを指定する場合、指定するデータベースまたはユーザーは、ユーザーまたはプロファイルのログオン データベースまたはログオン ユーザーでなければなりません。