16.20 - テーブルの種類句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

重複行の制御。

SETまたはMULTISETを指定しない場合、デフォルトのテーブルの種類はセッション モードによって決まります。

  • ANSIセッション モードでは、デフォルトのテーブルの種類はMULTISETです。重複行は許可されます。
  • Teradataセッション モードでは、デフォルトのテーブルの種類はSETです。重複行は許容されません。
MULTISET
重複行は許可されます。
テーブルの定義で、いずれかの列または一連の列に固有性制約がある場合、MULTISETを指定しても、そのテーブルに重複行を含めることはできません。
一部のクライアント ユーティリティには、MULTISET表に関する制限があります。<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE TABLE (表の種類句)」のトピック「SETおよびMULTISET」を参照してください。
SET
重複行は許容されません。
テーブルの唯一の列がQITS列である場合はSETを指定できません。 この場合は、テーブルを暗黙的または明示的にMULTISETとして定義する必要があります。 QITS_column_nameを参照してください。