16.20 - TEMPORARY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

実体化されたグローバル一時テーブルのディスクの使用量は、テーブルを参照するユーザーの一時領域の割り当てから消費されます。一時領域は、この特性を使用して定義された任意のユーザーのためのスプール領域に先立って確保されます。

データベースに対してデフォルトの一時領域が定義されていない場合、そのデータベース内に作成される任意の実体化されたグローバル一時テーブルに割り当てられる領域は、その直接の所有者に割り当てられた一時領域の最大量になります。

n
このデータベース内のユーザーごとに、グローバル一時テーブルの作成で使用できるデフォルトのバイト数。
constant_expression
列を参照しない任意のSQL式。ユーザーの一時領域サイズに適切な定数式を指定すると、Teradata DatabaseはAMP単位で一時領域を割り当てることで、システムのサイズに合わせた最適な一時領域の容量を割り当てることができます。
定数式に基づいて一時領域のサイズを指定すると、システムにAMPを追加したときなどに、割り当て済みのサイズが自動的に拡大されなくなります。
BYTES
許容する領域の単位を重複して指定するためのオプションのキーワード。
SKEW
一時領域のスキュー制限を指定するために使用するキーワード。AMP領域の最大使用率がAMPごとの割り当てを超えることができるようにスキュー制限を指定できます。AMPごとの割り当ては、システムの最大の領域制限をAMP数で割ったものです。
constant_expression
定数式または0~10000までの定数。1~9999の値を指定して、AMPレベルの制限を示します。この制限はAMPごとの割り当てです*(1 + tempskewlimit/100)。AMPごとのレベルに相当する領域を設定するには0を指定します。この場合スキューなしです。10000の値は無制限のスキューを示し、上限はシステムの最大領域制限になります。
DEFAULT
DBS Control DefaultTempSkewLimitPercentの値を使用します。
PERCENT
オプションのキーワード。このキーワードは読みやすくするために含めることができ、constant_expressionまたはDEFAULTキーワードが許容されるスキューのパーセンテージを指定することを示します。

例: 一時領域スキューの制限値を追加するデータベースの変更

4つのAMPを含むシステムと、1ギガバイトの一時領域を持つデータベースを仮定します。一時領域のAMPごとの割り当ては250メガバイトです。一時スキュー制限値を20%に設定すると、どのAMPでも一時領域のAMPごとの割り当てより50MB多いスキュー制限が可能になります。使用する一時領域の合計が一時領域の1ギガバイトのグローバル制限を超えない限り、AMPでは300メガバイトまでの一時領域を使用できます。
    MODIFY DATABASE d1 AS
    PERM = 1e9,
    TEMPORARY = 1e9 SKEW = 20 PERCENT;