16.20 - プロシージャ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
procedure_name
最新のSQL作成テキストが報告されるSQLプロシージャの名前。

SHOW PROCEDUREは、データベースに送信されたとおりにプロシージャのテキストを表示します。テキストを適切に表示するには、EnterまたはReturnキーを使用して、プロシージャ内に改行を入力する必要があります。

例: SHOW PROCEDURE

次に、一例としてspSample1という名前のプロシージャのDDLを示します。

     SHOW PROCEDURE spSample1;
      *** Text of DDL statement returned.
      *** Total elapsed time was 1 second.
     -----------------------------------------------------------------
     CREATE PROCEDURE spSample1 (IN  ip INTEGER, 
                                 OUT op INTEGER) 
     BEGIN DECLARE var_1 INTEGER;
     SELECT col1 INTO var_1
     FROM tab_1
     WHERE col_2 = ip;
     SET op = var1 * 10;
     END;

例: XMLデータ型を使用したJava外部ストアド プロシージャの作成

次の例では、XMLデータ型を入力パラメータとして持つJava外部ストアド プロシージャのDDLを示しています。
SHOW PROCEDURE get_XML;
*** Text of DDL statement returned.
 *** Total elapsed time was 1 second.
---------------------------------------------------------------------
REPLACE PROCEDURE get_XML(IN X1 XML, INOUT A1 INTEGER)
        LANGUAGE JAVA
        NO SQL
        PARAMETER STYLE JAVA 
        EXTERNAL NAME 
        'UDF_JAR:UserDefinedFunctions.get_XML(java.sql.SQLXML, int[])’;