16.20 - ON - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザー、アカウント、データベース、またはアプリケーションのロギング範囲に先行するキーワード。

ALL
すべてのユーザーをロギングします。 システムのすべてのユーザーに対して実行された各リクエストがシステムでロギングされます。 USECOUNTオプションを指定すると、すべてのデータベースに対してログが実行されます。
user_name
SQLリクエスト情報のロギングの対象となる1人以上のユーザーの名前。1つのBEGIN QUERY LOGGINGリクエストで指定できる個々のユーザー名の最大数は100です。
指定するユーザーの数を多くすればするほど、システム パフォーマンスに与える影響も大きくなります。
user_nameにUSECOUNTを指定すると、オブジェクトにアクセスするユーザーに関わらず、ユーザー データベースにあるオブジェクトの使用回数の情報が記録されます。ユーザーが別のデータベースにあるオブジェクトにアクセスする場合、そのオブジェクトを含むデータベースでもUSECOUNTオプションを指定しない限り、使用回数情報は記録されません。
database_name
オブジェクト使用カウント データをロギングする1つ以上のデータベースの名前。
ACCOUNT = ‘account_string
指定したuser_nameのSQLリクエスト情報をロギングするユーザー アカウントのセット。
APPLNAME = ‘application_name
ロギングは、指定されたアプリケーションの名前セットでログオンしたすべてのユーザーに対して使用可能または使用不能になります。
アプリケーション名とは、システムがUtilityNameクエリー バンドで渡す名前です。<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「予約済みのロード ユーティリティ用の予約済みのクエリー バンド」を参照してください。