16.20 - 例: 簡単なキュー テーブルの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、簡単なキュー テーブルを作成します。

テーブルに対して定義されている最初の列は、問合わせ挿入タイムスタンプ(QITS)列です。これはすべてのキュー テーブルで必須です。

QITS列は、例で指定されているものと正確に同じ精度およびデフォルト値のTIMESTAMPデータ型として定義される必要があります。TIMESTAMPデータ型指定に対し精度を指定する必要はありません。精度は指定されない場合、デフォルトの6になります。TIMESTAMPに対し6以外の精度を明示的に指定することはできません。これはキュー テーブルに必須です。

QITS列は、テーブルの(非固有)プライマリ インデックスではありません。

       CREATE SET TABLE qtbl_1, QUEUE, FALLBACK, 
       NO BEFORE JOURNAL,
       NO AFTER JOURNAL (
        col_1 TIMESTAMP(6) NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP(6),
        col_2 INTEGER,
        col_3 INTEGER)
       PRIMARY INDEX (col_2, col_3);