16.20 - TRANSFORM - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDT変換グループをユーザーに追加するか、またはUDT変換グループをユーザーから削除します。

data_type
ユーザー定義データ型(UDT)の名前。
group_name
データ型の変換グループの名前。

例: UDT変換グループのユーザーへの追加

この例では、ユーザーに変更を加えて、XMLD_STRUCT2データ型のXMLD_STRUCT2INT変換グループ、JSON CHARACTER SET LATINデータ型のTD_JSON_VARCHAR変換グループ、およびJSON CHARACTER SET UNICODEデータ型のTD_JSON_VARCHAR変換グループを指定します。

MODIFY USER TEST_XFORM AS TRANSFORM (XMLD_STRUCT2 = XMLD_STRUCT2INT, JSON CHARACTER SET LATIN = TD_JSON_VARCHAR, JSON CHARACTER SET UNICODE = TD_JSON_VARCHAR);

例: UDT変換グループのユーザーからの削除

この例では、ユーザーからUDT変換グループを削除します。

MODIFY USER TEST_XFORM AS TRANSFORM ();

使用上の注意

ユーザー1名に対して、最大256のdata_type-transform_groupのペアを指定できます。

ユーザー プロファイルがある場合は、ユーザーのプロファイル内のUDTの変換グループが使用されます。

変換グループ全体の設定は、追加、置換、または削除のみが可能です。個別のdata_type-transform_groupのペアを追加または削除することはできません。

グループの設定が変更された後ユーザーはログアウトし、新しい設定を使用して再度ログインする必要があります。