16.20 - INDEX - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

統計を削除する名前付きインデックス。

これによって、指定したインデックスのSUMMARY統計が削除されることはありません。データベース オブジェクトのSUMMARY統計を削除するには、そのオブジェクトのすべての統計を削除する必要があります。

名前付きインデックスと一緒に列名を指定するのは、ORDER BY句を使ってこれを定義する場合だけであることに注意する必要があります。

index_name
インデックスの名前。
UNIQUE
統計が削除されるインデックスは固有です。
ALL
インデックスを作成するためにALLが使用されました。
column_name_1
インデックスを含んでおり対象の統計が削除される、1つまたは複数の列の名前。

例: 複合インデックスに関する統計の削除

このリクエストは、employeeテーブルのemp_no列とname列に定義された複合インデックスに関する統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX(emp_no, name) ON employee;

例: 名前付きインデックスに関する統計の削除

この例は、unique_1という名前のインデックスについての統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX unique_1 ON table_1;

例: 名前なしインデックスに関する統計の削除

この例は、column_1column_2に対して定義された名前なし複合インデックスについての統計を削除します。

     DROP STATISTICS INDEX (column_1,column_2) ON table_1;