16.20 - PASSWORD - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定したユーザーの新しいパスワード。

すべてのユーザーは、各自のユーザー定義にMODIFY USER権限を保有します。これにより、ユーザーは次のことができます。

  • 一時パスワードを使用して最初のログオンを試みた後に、システム プロンプトで専用パスワードを作成します。詳細については、CREATE USERのPASSWORDキーワードの説明を参照してください。
  • 既存のユーザー パスワードが期間切れになった場合に新しいパスワードを作成します。
password
パスワードは、要求されている書式設定ルールに従う必要があります。<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>の「データベース パスワードの管理」を参照してください。
FOR USER
使用されなくなったレガシー キーワード。

例: パスワード、スプール割り振り、始動文字列、およびデフォルトのデータベースの変更

自分のPASSWORD、STARTUP、FALLBACK、DEFAULT DATABASEの定義を変更するときにはアクセス権限は必要ありません。それ以外の変更の場合、MODIFYリクエストを実行するユーザーには、変更されるユーザーへのDROP権限が必要です。

例えば、Marksは自分の領域の作成者ではなく、しかも自分自身を所有していませんが、MODIFY USERリクエストを実行して自分のパスワードを変更し、自分の始動文字列を変更し、デフォルトのデータベースの再指示をすることができます。同様に、Marksはfinanceのサイズを変更することができます。

ユーザーmarksのパスワード、および他のオプションを変更します。

     MODIFY USER marks AS 
     PASSWORD = design,
     SPOOL = 1500000, 
     STARTUP = 'EXEC paystat;',
     DEFAULT DATABASE =  payroll;