16.20 - CHECKPOINT ISOLATED LOADING - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

明示的な分離ロード操作のチェックポイントを設定し、そのポイントまでにロードされているデータをコミットします。

必要な権限

ロード操作に関連付けられているベース テーブルへのINSERT、UPDATE、またはDELETE権限が必要です。

構文



構文要素

CONCURRENT
読みやすくするために含めることができるキーワード。
LDILoadGroup= value
valueには、分離ロード操作で使用中のロード グループを指定します。

使用上の注意

CHECKPOINT ISOLATED LOADING文は、BEGIN ISOLATED LOADING文と同じセッションで発行しなければなりません。

CHECKPOINT ISOLATED LOADING文を発行すると、そのセッションによって、またはマルチセッション ロード操作における全セッションによってその時点までロードされたデータはコミット済みになり、同時読み取り操作で使用できるようになります。CHECKPOINT ISOLATED LOADING文を使用すると、ロード操作の継続中に、ロードしたばかりのデータが同時読み取り操作に利用できるようになります。

CHECKPOINT ISOLATED LOADING文は、明示的なトランザクションの最後の文でなければなりません。

次の文は、ロード操作のチェックポイントを設定します。
CHECKPOINT ISOLATED LOADING FOR QUERY_BAND 'LDILoadGroup=Grp1;';