16.20 - ALTER TABLE TO CURRENTの処理 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ALTER TABLE TO CURRENTの処理中、新しく解決されたDATE値、CURRENT_DATE値、またはCURRENT_TIMESTAMP値を含む開始式がパーティション境界に該当しない場合、Teradata Databaseは、新しいパーティション式に基づいて行をパーティション化する前に、すべての行を必ずスキャンします。 列パーティション テーブルは、ALTER TABLE TO CURRENTを使用する前に空にしておく必要があります。

全行スキャンが必要なALTER TABLE TO CURRENT操作の場合は、テーブルにデータが含まれていてもかまいません。