16.20 - FALLBACK PROTECTION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

新しいデータベースに作成した各テーブルの二重コピーを作成して格納するかどうか。

FALLBACKキーワードを単独で使用した場合には、PROTECTIONが暗に設定されます。

NO
データベースで作成したデータ テーブルに二重コピー保護を提供しない設定にデフォルトを設定します。 この設定は、特定のデータ テーブルの作成時にそのテーブルに対して変更することができます。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。

例: フォールバックとジャーナリングを含むデータベースの作成

次のリクエストは、administrationデータベースからpersonnelというデータベースを作成します。

    CREATE DATABASE personnel FROM administration
    AS PERMANENT = 5000000 BYTES, FALLBACK, BEFORE JOURNAL, 
    DUAL AFTER JOURNAL, DEFAULT JOURNAL TABLE = personnel.fin_copy;

FALLBACKキーワードにより、personnelデータベースに作成される各テーブルに対して、デフォルトとして基本コピーおよびセカンダリ二重コピーも格納されます。

JOURNALオプションを指定すると、デフォルトとして変更前イメージの単一コピーと変更後イメージの二重コピーが維持されます。フォールバックとジャーナルのデフォルトの両方を使用するこのデータベース内のすべてのテーブルに対して、二重の変更前イメージが自動的に維持されます。

DEFAULT JOURNAL TABLE句は、ジャーナリングが要求されているために必須です。この句は、fin_copyという名前の新しいジャーナル テーブルを新しいデータベース内に作成することを指定します。

BEFORE JOURNALオプションおよびAFTER JOURNALオプションを指定したので、永久ジャーナリングが活動化されます。どちらのオプションも、それだけでジャーナリングを活動化できます。