16.20 - TIME ZONE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定したユーザーに対するデフォルトのタイムゾーン変位。

これらのオプションを指定できます。

  • LOCAL
  • NULL
  • ± ‘quotestring’
  • ‘time_zone_string’

これらのオプションの定義やTeradata Databaseでサポートされているタイムゾーン文字列の包括的なリストについては、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE USER」を参照してください。

例: TIME ZONE=’time_zone_string’オプションを使用したユーザーの作成

この例では、テキスト文字列「America Pacific」で定義されたデフォルトのタイムゾーン変位を持つuser_nameを作成します。user_nameが作成された時点で、Teradata Databaseはタイムゾーン文字列を、それを検証するシステム定義UDFに渡します。UDFはまた、user_nameがログオンするたびに呼び出され、そのタイムゾーン文字列に関連づけられたルールを取り出します。

指定したtime_zone_stringの値が有効ではない場合、システムは要求元にエラーを返します。

     CREATE USER user_name 
     FROM r_n_d AS
     PERMANENT = 1000000,
     PASSWORD = abbub279,
     SPOOL = 1200000,
     FALLBACK PROTECTION,
     DUAL AFTER JOURNAL,
     DEFAULT JOURNAL TABLE = r_n_d.journals,
     DEFAULT DATABASE = r_n_d,
     STARTUP = 'EXEC setpf;'
     ACCOUNT = '$mr_n_d','$hr_n_d',
     TIME ZONE = 'America Pacific';