16.20 - ADD - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

新しいDELETE、INSERT、SELECT、またはUPDATE関数をconstraint_nameに追加する手順

制約オブジェクトの指定された文のタイプに対し、現時点でUDFが定義されていてはならず、指定されたUDFはSYSLIBデータベースに存在している必要があります。

DELETE
追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、DELETE操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。
INSERT
追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、INSERT操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。
SELECT
追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、SELECT操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。
UPDATE
追加、削除、または置換されるUDF function_nameは、UPDATE操作に対して行レベル セキュリティ制約を適用します。
SYSLIB.function_name
ADDまたはREPLACEリクエストの対象となる制約UDFの名前。
DROPオプションにSYSLIB.function_nameを指定することはできません。
function_nameを指定する場合、指定した関数が現時点でSYSLIBデータベースに存在している必要があります。

例: 制約オブジェクトへのDELETEセキュリティ ポリシーの追加

このALTER CONSTRAINTの例では、DELETEセキュリティ ポリシーUDFをclassification_levels制約オブジェクトに追加します。

     ALTER CONSTRAINT classification_level
     AS FUNCTION ADD DELETE SYSLIB.deletelevel;

例: 制約オブジェクトへの名前と値ペアの新しいセットの追加

このALTER CONSTRAINTの例では、指定されたname:valueペアのセットをclassification_level制約オブジェクトに追加し、古いname:valueペアをすべて削除します。

     ALTER CONSTRAINT classification_level
     AS VALUES (topsecret:4, secret:3, confidential:2, unclassified:1);