16.20 - 例: 定義済みデータ型からのSTRUCTURED型UDTの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例は、4つの事前定義データ型とSTRUCTURED型UDT addressからpersonという名前のSTRUCTURED型UDTを、二重にネストされたタイプとして作成します。ネストされたUDTといえるのは、addressタイプが2つの属性を持つSTRUCTURED型UDTだからです。この場合、それらの属性はともに事前定義データ型ですが、仮にそれらの1つ以上がSTRUCTURED型であるとすれば、personは三重にネストされたタイプになります。

    CREATE TYPE SYSUDTLIB.person AS (
       ssn         CHARACTER(11), 
       first_name  VARCHAR(20),
       middle_name VARCHAR(20),
       last_name   VARCHAR(20),
       domicile    address ) 
    NOT FINAL;