16.20 - 作成されたユーザーに自動的に付与される権限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

新しく作成されたユーザーには自分の領域内にオブジェクトを作成し、保守するために必要な権限が自動的に与えられますが、CREATE USER/MODIFY USERまたはCREATE DATABASEに必要な権限は、明示的に付与されることが必要です(<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>の「GRANT(SQL形式)も参照)。

新規作成されたユーザーは、自動的に付与される権限に対してWITH GRANT OPTION権限を受け取りません。

作成時には、次の権限がユーザーに自動的に与えられます。

  • CHECKPOINT
  • CREATE AUTHORIZATION
  • CREATE MACRO
  • CREATE TABLE
  • CREATE TRIGGER
  • CREATE VIEW
  • DELETE
  • DROP AUTHORIZATION
  • DROP FUNCTION
  • DROP MACRO
  • DROP PROCEDURE
  • DROP TABLE
  • DROP TRIGGER
  • DROP VIEW
  • DUMP
  • EXECUTE
  • INSERT
  • RESTORE
  • SELECT