16.20 - user_defined_type_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

その定義をディクショナリから削除するユーザー定義型の名前(ARRAY/VARRAY型、DISTINCT型、またはSTRUCTURED型のいずれか)。

UDTを削除する前に、そのUDTに関係するすべての従属関係を解決しておく必要があります。システム マクロSYSUDTLIB.HelpDependenciesを実行すると、削除する対象の型に関して存在している従属関係があれば検出することができます。

database_name
user_defined_type_nameを含むデータベースの名前。
常にSYSUDTLIBです。

例: UDT 1の定義の削除

この例では、employeeという名前のUDTの定義を削除します。

     DROP TYPE SYSUDTLIB.employee;

例: UDT 2の定義の削除

この例では、circleという名前のUDTの定義を削除します。

     DROP TYPE SYSUDTLIB.circle;