16.20 - SPECIFIC FUNCTION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数の特定関数名が変更されます。

specific_function_name
変更する既存の特定関数名。
テーブルオペレータ関数、つまり、SQLTABLEのパラメータ形式を持つ関数は名前変更できません。詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「C/C++ユーザー定義関数」および「Javaユーザー定義関数」の「テーブル演算子」を参照してください。
データベースのUDFライブラリに、名前にマルチバイト文字が存在するオブジェクトが含まれている場合、新規オブジェクト名に1バイト文字のみが含まれる場合でも、1バイト セッション文字セットを使用して、新たなUDF、UDT、メソッド、あるいはJavaストアド プロシージャ オブジェクトを作成することはできません。そうでない場合、Teradata Databaseは、要求元にエラーを返し、代わりにマルチバイト セッション文字セットを使用します。

specific_function_nameを指定した場合は、new_specific_function_nameではなくnew_function_nameも指定する必要があります。

database_name
user_name
specific_function_nameを含むデータベースまたはユーザー(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。
new_specific_function_name
関数の新しい特定関数名。
テーブルオペレータ関数の名前は変更できません。詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「C/C++ユーザー定義関数」および「Javaユーザー定義関数」の「テーブル演算子」を参照してください。