16.20 - CREATE storage_format SCHEMA - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

DATASET型の特定のストレージ形式のスキーマを作成します。

DATASETデータ型については、<Teradata Vantage™ DATASETデータ型、B035-1198>を参照してください。

必要な権限

参照されるデータベースに対するCREATE DATASET SCHEMA権限が必要です。

構文



構文要素

storage_format
スキーマの作成に使用するDATASET型のストレージ形式。
SYSUDTLIB
スキーマを含むデータベースの名前。作成するスキーマは、SYSUDTLIBデータベースに登録されます。
schema_name
スキーマの名前。スキーマ名は、システム全体で固有でなければなりません。
schema
スキーマは定数として、すなわちリテラル値として指定する必要があります。このリテラルには、テキスト形式またはスキーマを構成するUTF-8エンコード文字を含むバイト形式で、スキーマを含めることができます。スキーマは、スキーマを構成するUTF-8エンコード文字を含むTeradata VARBYTEとして格納され、最大サイズは63,000バイトです。

次の例では、DATASET型のAvroストレージ形式でスキーマを作成します。
CREATE Avro SCHEMA chemDatasetSchema AS
'{
	"namespace": "example.avro",
 	"type": "record",
 	"name": "User",
 	"fields": [
     		{"name": "name", "type": "string"},
    		{"name": "favorite_number",  "type": ["int", "null"]},
     		{"name": "favorite_color", "type": ["string", "null"]}
 	 ]
	}';
次の例では、スキーマのUTF-8エンコード文字を含んでいるバイト リテラルを使用して同じスキーマを作成します。
CREATE Avro SCHEMA chemDatasetSchema AS
'7B226E616D657370616365223A226578616D706C652E6176726F222C2274797065223A227265636F7264222C226E616D65223A2255736572222C226669656C6473223A5B7B226E616D65223A226E616D65222C2274797065223A22737472696E67227D2C7B226E616D65223A226661766F726974655F6E756D626572222C2274797065223A5B22696E74222C226E756C6C225D7D2C7B226E616D65223A226661766F726974655F636F6C6F72222C2274797065223A5B22737472696E67222C226E756C6C225D7D5D7D'xb;

使用上の注意

指定するスキーマは、DBC.DatasetSchemaInfo テーブルに挿入する前にUTF-8に変換されます。