16.20 - DROP MAP - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

連続マップまたはスパース マップを削除します。

マップが削除されると、PUBLICユーザーとロールからマップが取り消されます。

必要な権限

DROP MAP権限が必要です。

構文規則



構文要素

map_name
削除する既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
スパース マップの基になる連続マップを削除することはできません。
TD_DataDictionaryMap、TD_GlobalMap、またはシステム デフォルト マップは削除できません。

例: マップの削除

この文は、マップSmallTableMapを削除します。

DROP MAP SmallTableMap;

セキュア ゾーンとマップの削除

ユーザーとセキュア ゾーン内でロールを持つユーザーは、別のセキュア ゾーンで作成されたスパース マップ、セキュア ゾーン固有でないスパース マップ、連続マップのいずれも削除できません。

DBCユーザーのみが、別のセキュア ゾーンで作成されたスパース マップを削除できます。

テーブルを含んでいるマップの削除

テーブルを含んでいるマップは削除できません。マップを削除するには、まずテーブルを別のマップに移動する必要があります。 ALTER TABLEマップとコロケーションを参照してください。

デフォルト マップの削除

ユーザー、データベース、またはプロファイルのデフォルト マップは削除できません。マップを削除するには、まずデフォルト マップをNULLまたは別のマップに設定する必要があります。MODIFY USERについてはDEFAULT MAPオプションを、MODIFY DATABASEについてはDEFAULT MAPオプションを、MODIFY PROFILEについてはDEFAULT MAPオプションをそれぞれ参照してください。

テーブル演算子で使用されるマップの削除

テーブル演算子で使用されているマップは削除できません。<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>の「テーブル演算子」でEXECUTE MAPオプションを参照してください。