16.20 - SQL操作 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
DELETE, INSERT, SELECT, UPDATE
制約で強制実行できるSQL操作。
制約定義ごとに1つから4つのSQL操作を指定する必要があります。指定された各SQL操作の後には、操作を実行するSYSLIB.function_nameを付ける必要があります。
1つの制約内で複数のSQL操作タイプを指定することはできません。
SYSLIB.function_name
制約に対して、対応するDELETE、INSERT、SELECT、またはUPDATE操作を強制実行するUDFの名前。
指定したUDFは、制約定義で指定した時点で、SYSLIBデータベース内に含まれている必要があります。
制約のSYSLIB.function_name指定で指定された各UDFは、制約を含んだ表の各行に対して、関連付けられたSQL操作を実行するために必要な最小限の分類を定義します。

詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>の「行レベル セキュリティの実装」を参照してください。