16.20 - 例: Unicodeパス スルー セット付きHELP PROCEDURE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
ストアド プロシージャは、それらが作成されたセッションのUnicodeパス スルー属性を継承します。
設定 Unicodeパス スルー
S セッションで有効
F セッションで無効

次の出力は、プロシージャを作成したセッションにUnicodeパス スルーがオンに設定されたことを示しています。

HELP PROCEDURE sp1 ATTRIBUTES;

*** Help information returned. One row.

     Transaction Semantics  TERADATA
                Print Mode  N
                  Platform  LINUX
             Character Set  ASCII
Default Character DataType  LATIN
                 Collation  ASCII
                  SPL Text  Y
            Version Number  11
          Default Database  USER2
            Warning Option  Y
         Creation Timezone  00:00
  Creation Timezone String
      Unicode Pass Through  S