16.20 - FUNCTION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
function_name
削除する外部関数またはSQL関数の関数名。
database_name
function_nameの格納先のデータベースの名前(現在のデータベースと異なる場合)。
user_name
function_nameの格納先のユーザーの名前(現在のユーザーと異なる場合)。
data_type
function_nameに渡すパラメータのオプションのデータ型の指定。
データ型リストを指定しない場合、指定した関数の名前は、データベース内で固有でなければなりません。
指定する必要があるのは、関数パラメータに関連するデータ型だけです。
文字列の長さ指定は関係ありませんが、指定してもかまいません。同様に、DECIMAL、TIME、TIMESTAMP、INTERVALの各データ型の長さや、DECIMALデータ型の小数点の位置は関係ありませんが、指定してもかまいません。

例: 外部関数名および固有関数名の削除

関数定義は、関数名または特定関数名を使用して削除できます。この例は、指定するDROP FUNCTION文を使用して名前を固有のオブジェクトに解決できない場合は、関数を削除できないことも示しています。

次の関数定義を考えます。

     CREATE FUNCTION test_image(VARCHAR(5000), INTEGER) …
       SPECIFIC testi_opt1 …;
     CREATE FUNCTION test_image(VARCHAR(5000), FLOAT)…
       SPECIFIC testi_opt2 …;

次のDROP FUNCTIONリクエストは、両方とも指定関数を削除します。

     DROP SPECIFIC FUNCTION testi_opt1;
     DROP FUNCTION test_image(VARCHAR, INTEGER);

次の文は、パラメータがないtest_imageという名前の関数のインスタンスがないためエラーを返します。

     DROP FUNCTION test_image();