16.20 - WHEN - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

トリガーを起動する条件を精錬するための検索条件句を指定するキーワード。

この句はオプションであり、デフォルトはありません。

(search_condition)
トリガーの起動条件をさらに詳細化するロジック。
search_conditionは、トリガー定義の範囲内での項目の比較に基づく有効な検索条件です。 UDTに順序付けが定義されていれば、検索条件にはUDT比較が組み込まれます。 CREATE ORDERINGおよびREPLACE ORDERINGを参照してください。
トリガーが行トリガーの場合、search_conditionは現在の行の行相関名に基づきます。
search_conditionがsubqueryを指定する場合、この条件に集約を含めることができます。それ以外の場合は、WHEN句検索条件指定の一部としては集約は無効です。
WHEN句検索条件からOLD TABLEまたはNEW TABLE遷移テーブルを参照する場合に、述部をsubqueryとして表現する必要があるので、このことは重要です。WHEN条件は必ず単一の結果を出力するので、OLD TABLEとNEW TABLE列参照の典型的な使用法は、集約を指定する方法です。
ブール条件。評価がTRUEまたはFALSEにならない式は、検索条件またはカーソル名のいずれとしても無効です。
search_conditionは、次のそれぞれにつき1度評価されます。
  • トリガー文の実行(文トリガーの場合)
  • 変更行の入った遷移テーブルの行(行トリガーの場合)
トリガーされるアクションが実行されるかどうかは、以下の表に示すように、検索条件結果の評価に依存します。
search_conditionの評価 文または行
TRUE トリガーされるアクションの起動に関して適格であるとみなされます。
FALSE トリガーされるアクションの起動に関して適格であるとみなされません。
UNKNOWN トリガーされるアクションの起動に関して適格であるとみなされません。