16.20 - EXTERNAL SECURITY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部セキュリティ句の前に指定するキーワード。

オペレーティング システムI/O操作を実行するプロシージャには、この句の使用が推奨されます。これにより関数を実行する特定のOSユーザーを指定できるためです。この句を使用しないと、汎用ユーザーtdatuserでよって保護モードのプロシージャが実行されます。

CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONも参照してください。

DEFINER
UDFが、この目的で作成された関連するセキュリティ許可オブジェクトのクライアント ユーザー コンテキストで実行します。このオブジェクトはプロシージャと同じデータベースに含まれています。
  • 許可名を指定する場合、プロシージャを呼び出す前にその名前で許可オブジェクトを定義する必要があります。
  • 許可名を指定しない場合は、デフォルトのDEFINER許可オブジェクトを定義する必要があります。
デフォルトの許可オブジェクトは、ユーザーがプロシージャを実行する前に定義しておく必要があります。
指定された許可名がプロシージャの作成時に存在しない場合は、許可名が存在しないことを示す警告がTeradata Databaseより報告されます。
それでもプロシージャを実行しようとすると、リクエストはアボートし、システムは要求元にエラーを返します。
authorization_name
CREATE AUTHORIZATIONによって定義されたのと同じ、このDEFINERのオプションの許可名を指定します。
INVOKER
プロシージャは、関数を実行するログオン ユーザーに関連付けられているINVOKER許可を使用して実行します。