16.20 - 例: テーブルへの派生PERIOD列の追加 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、派生PERIOD列を追加するようにテーブルを変更しています。

この例の テーブル定義は、次のとおりです。

CREATE TABLE employee (
eid INTEGER NOT NULL,
name VARCHAR(100) NOT NULL,
deptno INTEGER NOT NULL,
jobstart DATE NOT NULL,
jobend DATE NOT NULL
) PRIMARY INDEX(eid);

次に示す文では、表employeeを変更して派生PERIOD列jobdurationを追加しています。この派生PERIOD列の期間開始列はjobstartで、期間終了列はjobendです。

ALTER TABLE employee ADD PERIOD FOR jobduration(jobstart, jobend);