16.20 - ALTER TRIGGER - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

トリガーを使用可能または使用不能にするか、トリガーの作成タイムスタンプを変更します。

FastLoadやMultiLoadなどの一部のユーティリティは、トリガーが使用可能になっていると、テーブルに対して操作を行なえません。トリガーを使用不能にすると、テーブルに対するデータのバルク ロードが可能になります。Teradata Parallel Data Pumpユーティリティは、トリガーが使用可能になっているテーブルに対して操作を実行できますが、パフォーマンス上の問題が発生する可能性があります。

トリガーでテーブルのセットに対するアクションを調整することもあります。トリガーを一定期間使用不能にする場合は、アプリケーションによってテーブルのセットとトリガーの間のリレーションシップが失われないようにする必要があります。

権限

ALTER TRIGGERを実行するには、トリガーが定義されているテーブル、またはそのテーブルを含むデータベースに対するDROP TRIGGER権限が必要です。

自動的に付与される権限はありません。

構文