16.20 - 例: さまざまな構文を使用した3次元ARRAY型 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のそれぞれの例では、例: 3次元ARRAY型と同じ3次元ARRAY型を作成しますが、その定義にはそれぞれ異なる構文を使用します。

最初の例では、Teradataスタイルの構文を使用し、例: 3次元ARRAY型で定義したmeasures_udt型に基づいて、seismic_cubeseismic_cube_2を定義します。

     CREATE TYPE seismic_cube_2 AS 
     measures_udt ARRAY [5][7][20];

次の例では、Teradataスタイルの別の構文を使用して、seismic_cubeと同等の型であるseismic_cube_3を定義します。

     CREATE TYPE seismic_cube_3 AS 
     measures_udt ARRAY [1:5][7][1:20];