16.20 - SET SESSION CONSTRAINTを使用した、現行セッションでの自分に対する制約割り当ての変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SET SESSION CONSTRAINTリクエストを使って、セッションの有効な行レベル セキュリティ制約を変更する方法は複数あります。セッションのデフォルトの行レベル セキュリティ制約セットがユーザーまたはプロファイルのどちらに割り当てられていても、こうした変更を適用できます。以下に、SET SESSION CONSTRAINTリクエストの使用方法の一部を示します。

  • セッションのデフォルト レベル(階層型)制約を変更する手順
  • セッションのアクティブ カテゴリの (非階層型)制約セットを、制約に対して定義されたもののサブセットに変更する手順