16.20 - EXECUTE PROTECTED - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定した関数の実行モードを非保護モードから保護モードに変更します。詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>に記載されたALTER FUNCTIONのトピック「非保護モードを指定するべき状況」を参照してください。

NOT
指定の関数の実行モードを保護モードから非保護モードに変更します。
このオプションは、Java UDFに対しては無効です。

例: 保護モードをUDFからEXECUTE NOT PROTECTEDに変更するための設定

TransXMLという名前のUDFを作成して正常にデバッグを完了し、その保護モードをEXECUTE NOT PROTECTEDに設定するとします。次のリクエストでは、TransXMLというデータベース内に他のUDFがないことを前提としています。
     ALTER FUNCTION TransXML EXECUTE NOT PROTECTED;

例: 再コンパイル済みUDFのEXECUTE NOT PROTECTEDへの設定

XPathValueという名前の既存のUDFが、何らかの理由で再コンパイルが必要だとします。XPathValueは、以前に非保護モードで実行するように設定されていました。UDFを再コンパイルすると常にリセットされて保護モードに戻るので、再コンパイルの後に別のALTER FUNCTIONリクエストで保護モードを非保護モードに戻す設定を行なう必要があります。

これらの文によって、XPathValueが再コンパイルされ、その保護モードは非保護に戻ります。
     ALTER FUNCTION XPathValue COMPILE;
     ALTER FUNCTION XPathValue EXECUTE NOT PROTECTED;