16.20 - flush_option - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
フラッシュするデータベース問合わせのログ キャッシュまたはTeradataワークロード管理キャッシュを指定します。
  • ALL
  • ALLDBQL
  • ALLTDWM
  • DEFAULT
  • EXPLAIN
  • LOCK
  • OBJECTS
  • PARAMINFO
  • SQL
  • STATUSAGE
  • STEPINFO
  • SUMMARY
  • TDWMEVENT
  • TDWMEXCEPTION
  • TDWMHISTORY
  • USECOUNT
  • XMLPLAN

ALLは、他のすべてのオプションと相互に排他的です。

ALLDBQLは、他のすべてのDBQLオプションと相互に排他的です。

ALLTDWMは、他のすべてのTDWMオプションと相互に排他的です。

詳しくは、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>のFLUSH QUERY LOGGINGを参照してください。

この例では、すべてのDBQLログおよびTDWMログについてキャッシュをフラッシュします。

     FLUSH QUERY LOGGING WITH ALL;

ALLを指定する場合は、同時に他のキャッシュ フラッシュ オプションを指定することはできません。

この例では、DBQLログのキャッシュをすべてフラッシュしますが、TDWMキャッシュについてはフラッシュしません。

     FLUSH QUERY LOGGING WITH ALLDBQL;

ALLDBQLを指定する場合は、同時に他のDBQLキャッシュ フラッシュ オプションを指定することはできません。

この例では、TDWMログのキャッシュをすべてフラッシュしますが、DBQLキャッシュについてはフラッシュしません。

     FLUSH QUERY LOGGING WITH ALLTDWM;

ALLTDWMを指定する場合は、同時に他のTDWMキャッシュ フラッシュ オプションを指定することはできません。