16.20 - EXTERNAL NAME external_string_literal - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル関数の作成に必要なソース コンポーネントとオブジェクト コンポーネントの格納場所を指定する文字列。

詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>を参照してください。

最初のコード

単一の文字コード。シーケンス内の最初のコードに応じて、この文字列では、UDFのテーブル関数オブジェクト名、エンコード名、またはテーブル関数の作成に必要なコンポーネントのパスを指定します。

F
関数オブジェクト。後続の文字列は、CまたはC++のテーブル関数オブジェクトのエントリ ポイント名です。
F!function_entry_point_name
C
クライアント。テーブル関数のソース コードまたはオブジェクト コードは、クライアントに格納されます。
S
サーバー。 テーブル関数のソース コードまたはオブジェクト コードは、サーバーに格納されます。

パスの指定

次のリストに、外部テーブル関数のパス指定を示します。オプションは、パッケージ オプションを除いて必要に応じて何度でも繰り返すことができます。外部文字列リテラルとして以下のファイル タイプを指定できます。

I
インクルード ファイル(.h)。
I!name_on_server!include_name
L
UDFで必要な非標準のライブラリ ファイルのライブラリ名。
L!library_name
O
オブジェクト ファイル。
O!name_on_server!object_name
P
パッケージ名。このパッケージ オプションは、FのC関数名オプションを除き、他のすべてのオプションとは併用できません。
P!package_name
S
ソース ファイル。
S!name_on_server!source_name
NS
ソース ファイルなし。ソース ファイルおよびインクルード ファイルは、関数テーブルに格納されません。このオプションは、新しい関数の作成でソース コードを処理する方法、および外部文字列リテラルに指定されたすべてのソース コードに適用する方法に影響を与えます。
NS!source_file!include_file
delimiter
区切り文字(!など)を指定します。文字列の指定の全体で、同じ区切り記号を使用しなければなりません。
name_on_server
サーバー上のファイルに名前を付けます。インクルード ファイルには、Cソース内のinclude文で指定された名前と同じ名前(拡張子なし)が付いている必要があります。
file_pathname
ソース、インクルード ファイル、オブジェクト、またはライブラリの格納場所(パス)と名前。パッケージおよびライブラリをプリインストールする必要があるため、サーバー オプション(S)を使用する必要があります。パス指定では、関数がUnixプラットフォームまたはWindowsプラットフォームのいずれで作成されているかに関係なく、前方スラッシュ(/)または円記号(\)を使用できます。

Javaテーブル関数の変数

次に示す変数は、Javaテーブル関数にのみ適用されます。

JAR_ID
この関数に関連付けられているJARファイルの登録名。
java_class_name
実行するJavaメソッドを格納するJARに含まれるJavaクラスの名前。
method_name
UDFを実行するときに実行されるメソッドの名前。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<SQL基礎>を参照してください。
primitive
次のいずれかのプリミティブ パラメータ クラス。
  • byte
  • double
  • int
  • long
  • short
object
次の形式のオブジェクト パラメータ クラス定義。
java.pkg.class