16.20 - OVERRIDEセッションのセッション制約値 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

RLS表にアクセスするセッションを実行するユーザーには、次の場合にOVERRIDE権限が必要になることがあります。

  • テーブルの制約列に関連付けられたCONSTRAINTオブジェクトは、SQL操作のUDFを定義しません。
  • 割り当てられたユーザー デフォルト設定では、テーブルの行へのアクセスや行レベルの制約値の設定を効果的に行なうことはできません。
OVERRIDE権限の詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>の「制約OVERRIDE権限での操作」を参照してください。

セッションでOVERRIDEが有効な場合:

  • OVERRIDE権限により、影響を受けるUDFの実施がバイパスされます。
  • 操作がINSERTまたはUPDATEの場合、ユーザーSQLは、ソース テーブルのデータまたはSET SESSION CONSTRAINT文で指定した値のいずれかを使用して、テーブル内の指定の制約列に入力するための値を指定する必要があります。
非階層制約のあるテーブルをOVERRIDEセッションでロードするには、特別な処理が必要です。 例: ユーザーOVERRIDE権限によるテーブルの読み込みを参照してください。