16.20 - RETURNSデータ型 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

メソッドによって返される値の事前定義データ型またはUDT。

メソッドは、適切なデータ型のデータを返す必要があります。メソッドがその戻り値型を作成するのが困難であれば、CAST FROM句も指定してシステムが適切なデータ型変換を実行できるようにします。CAST式の使用方法の詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>を参照してください。

結果型には、名前RETURN0 [n]の下のDBC.TVFieldsにディクショナリ項目があります。nは、各値を固有にしてユーザー定義パラメータ名が重複しないようにするために、RETURN0行に付加される一連の数字です。nの値は、パラメータ名が重複しなくなるまで増分されます。

RETURN0のパラメータ名がない場合、nの添え字は使用されません。

メソッドの外部ルーチンがCまたはC++で記述されている場合、パラメータのデータ型としてTD_ANYTYPEを指定できます。

<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE FUNCTION/REPLACE FUNCTION」のトピック「RETURNS句」を参照してください。

この句は任意指定です。

RETURNS句を指定する場合、対応するCREATE TYPEで指定されるRETURNS句と同じでなければなりません。

UDMにRETURNS句を指定しない場合、対応するCREATE TYPEに対して指定されるRETURNS句がデフォルトでこのメソッドに適用されます。