16.20 - SQL SECURITY DEFINER - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数の呼び出し時に参照するオブジェクトに対する関数の作成者および所有者の権限を、Teradata Databaseが検証します。

直接所有者または直接作成者のいずれかが、データベース オブジェクトにアクセスするために必要な、UDF定義内で指定された権限を関数の呼び出し時に持っていない場合、Teradata Databaseは要求元にエラーを返します。

権限の検証時に関数の所有者が存在しない場合、Teradata Databaseは要求元にエラーを返します。

SQL SECURITY DEFINERがSQL UDFのデフォルトであり、唯一の有効なエントリです。

この句は、LANGUAGE SQLも指定する場合にのみ指定できます。