16.20 - 関数 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
function_name
最新のSQL作成テキストが報告されるUDFの関数名。
data_type
UDT_name
オーバーロード関数名を固有に識別するデータ型パラメータ(UDTを含む)。データ型のリストについては、データ型構文を参照してください。

例: SHOW FUNCTION (外部形式)

この例では、特定外部関数名addnumの現在のDDLおよび関数の本体が報告されます。

     SHOW FUNCTION addnum;
      *** Text of DDL statement returned. 
      *** Total elapsed time was 1 second.
     ------------------------------------------------------------
     REPLACE FUNCTION rgs.add_num (p1 INTEGER, p2 FLOAT)
      RETURNS FLOAT 
      SPECIFIC add_num 
      LANGUAGE C 
      NO SQL 
      PARAMETER STYLE SQL 
      NOT DETERMINISTIC 
      CALLED ON NULL INPUT 
      EXTERNAL NAME 'cs!first1!udftest/first1.c!F!first1' 
      *** Text of DDL statement returned. 
     #define SQL_TEXT Latin_Text
     #include <sqltypes_td.h>
     /* add integer and float */
     void first1(INTEGER  *a,
                 FLOAT    *b,
                 FLOAT    *result,
                 INT      *indc_a,
                 INT      *indc_b,
                 INT      *indc_result,
                 CHAR     sqlstate[6],
                 SQL_TEXT extname[129],
                 SQL_TEXT specific_name[129],
                 SQL_TEXT error_message[257])
        {
        if (*indc_a == -1 || *indc_b == -1)
        {
            *indc_result = -1;
            return;
        }
        *result = *a + *b;
        *indc_result = 0;
        }

例: SHOW FUNCTION (SQL形式)

SHOW FUNCTION (SQL形式)リクエストは、SQL UDFのDDL作成テキストを表示します。SHOW FUNCTIONリクエストにより表示される出力は、SQL UDFを作成するために使用された実際の作成テキストを返し、SQL UDFの作成中に明示的に指定されなかったいくつかのオプションの句のデフォルト値は返しません。

     SHOW SPECIFIC FUNCTION udf_1;
     CREATE FUNCTION udf_1 (a INTEGER, 
                            b INTEGER)
     RETURNS INTEGER
     CONTAINS SQL
     RETURN a + b;

この例の出力では、LANGUAGE句、DETERMINISTIC句、NULL呼び出し句などいくつかのオプションのデフォルト値が表示されていないことに注意してください。これは、udf1の作成者がSQL UDFを作成したときにこれらの句を明示的に入力しなかったので、SHOW FUNCTIONリクエストがこれらの句のデフォルト値を返さないためです。

以下の例では、udf_2の作成時に、この作成者がLANGUAGE句、DETERMINISTIC句、およびnull呼び出し句を明示的に入力したため、SHOW FUNCTIONリクエストはこれらの句のデフォルト値を返します。

     SHOW FUNCTION udf2 (INTEGER, INTEGER);
     CREATE FUNCTION udf2 (a INTEGER, b INTEGER)
     RETURNS INTEGER
     LANGUAGE SQL
     DETERMINISTIC
     CONTAINS SQL
     CALLED ON NULL INPUT
     RETURN a - b;