16.20 - 信頼済みセッションのためのクエリー バンド - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

信頼済みセッションでは、アプリケーションは信頼済みユーザーとして関連する一連のプロキシ ユーザーとともにセットアップされます。信頼済みユーザーとプロキシ ユーザーのセットアップの詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>を参照してください。

信頼済みセッションでは、エンド ユーザーの識別にクエリー バンドが必要です。クエリー バンドは、アプリケーション ユーザーが使用できる権限を超えるユーザー権限を定義するためにも使用できます。

次の予約済みクエリー バンドは、信頼済みセッションにのみ使用できます。

名前 説明
ProxyRole 信頼済みセッション内で使用するロールを定義します。

有効な値は、プロキシ ユーザーに付与されているロールの名前です。

プロキシ ロールは、永久データベース ユーザーではないアプリケーション エンド ユーザーにのみ適用されます。永久データベース ユーザーでもあるプロキシ ユーザーは、永久ユーザーの権限を継承します。
ProxyUser 信頼済みセッションをプロキシ ユーザーのIDに設定します。

有効な値は、現在ログオンしているユーザーのCONNECT THROUGH権限が付与されているプロキシ ユーザーの名前です。

GRANT CONNECT THROUGHリクエストを使用するための構文およびルールについては、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。

SET QUERY_BAND文のサンプルについては、例: プロキシ ユーザーの接続の確立から始まる例を参照してください。

Teradataオレンジ ブック、<Teradata Databaseにおけるクエリー バンドの使用の「信頼済みセッション」も参照してください。