16.20 - 例: RETURN文のメソッドによるSQL UDFの定義 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、RETURN文でシステム生成メソッドzipを指定します。

まずSTRUCTURED型UDT addressを作成する必要があります。

     CREATE TYPE address
     AS (street VARCHAR(20), zip CHARACTER(5))
     NOT FINAL;

これで、RETURN文にシステム生成メソッドzipを指定するSQL UDF zipcodeを作成できます。

     CREATE FUNCTION test.zipcode (a address)
     RETURNS CHARACTER(5)
     LANGUAGE SQL
     DETERMINISTIC
     CONTAINS SQL
     SPECIFIC test.zipcode
     CALLED ON NULL INPUT
     SQL SECURITY DEFINER
     COLLATION INVOKER
     INLINE TYPE 1
     RETURN a.zip();