16.20 - TEMPORARY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

グローバル一時テーブルの領域に割り当てるバイト数。

ユーザーに割り当てられているプロファイルで一時領域が定義されていない場合、Teradata Databaseは個々のユーザーに対して定義された設定を使用します。一時領域は、この特性を使用して定義された任意のユーザーのためのスプール領域に先立って確保されます。実体化されたグローバル一時テーブルのディスクの使用量は、テーブルを参照するユーザーの一時領域の割り当てから消費されます。

デフォルトはNULLです。その場合、個々のユーザーに定義されている設定が使用されます。プロファイルでの一時領域割り当ての変更は、MODIFY PROFILEリクエストが実行依頼されるとすぐに有効になります。

n
nには、整数、小数、または浮動小数点数を入れることができます。
nは、作成者のプロファイルの一時領域パラメータを超えることはできません。そのプロファイルで一時領域の制限が定義されていない場合、Teradata Databaseは個々のユーザー作成者に定義された一時領域の制限を使用します。
nは、オプションのBYTESキーワードが指定されているかどうかに関係なく、バイト数です。
constant_expression
列を参照しない任意のSQL式。ユーザーの一時領域サイズに適切な定数式を指定すると、Teradata DatabaseはAMP単位で一時領域を割り当てることで、システムのサイズに合わせた最適な一時領域の容量を割り当てることができます。
定数式に基づいて一時領域のサイズを指定すると、システムにAMPを追加したときなどに、割り当て済みのサイズが自動的に拡大されなくなります。
BYTES
オプション キーワード。

例: 定数式を使用したプロファイルの一時領域の指定

これは、research_and_development.profileの元の定義です。

CREATE PROFILE research_and_development AS 
DEFAULT DATABASE = it_dev, 
PASSWORD = secret, 
TEMPORARY = 2000000*(HASHAMP()+1); 

次の文で、プロファイルresearch_and_developmentの一時領域を定数式3,000,000 (HASHAMP()+1)に基づいたサイズに変更します。 これらの式では現在のシステムにあるAMPの数を計算して、そのサイズに合わせてresearch_and_developmentプロファイルの一時領域を拡大します。

MODIFY PROFILE research_and_development AS 
DEFAULT DATABASE = it_dev, 
PASSWORD = secret, 
TEMPORARY = 3000000*(HASHAMP()+1);