16.20 - SHOW TABLEテーブル定義の例外 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SHOW TABLEは、指定されたテーブルを次の例外付きで作成する、標準化されたCREATE TABLE文を表示します。

標準の表示形式が使用されているため、結果はテーブルを作成するために使用されたテキストと同じにはならない場合があります。SHOW TABLEの表示は、SHOW TABLEの出力を使用してテーブルが削除され作成された場合に、結果が表示された構造と同じ構造を備えたテーブルになるようになっています。

テーブルの変更、インデックス、およびSHOW TABLE

テーブルがALTER TABLE文、またはCREATE INDEX文を使用して変更されている場合には、その変更は、表示されるCREATE TABLEリクエストに反映されます。

SHOW TABLEは、そのテーブルについてのすべてのインデックスと制約の情報を表示します。SHOW TABLEが表示できる文字は、31,744文字に制限されています。

列のグループ化、パーティション化、およびSHOW TABLE

次のいずれかに該当するCOLUMN句の一部として列のグループ化が出力される場合、列グループおよび複数列グループは、カンマとカンマに続く空白で区切られ、各列パーティションの最初の列のフィールドID順に並べられます。また、列パーティション内では、その列パーティションに含まれる列のフィールドID順に並べられます。AUTO COMPRESSまたはNO AUTO COMPRESSオプションの前には空白が付きます。列グループに対するCOLUMN形式またはROW形式のキーワードの後には空白が付きません。ALL BUTの後には空白が付きます。

列パーティション テーブルの場合、SHOW TABLEによって返されるSQLテキストには、COLUMN句を指定したPARTITION BY句が含まれます。グループ化がある場合、グループ化は列リストではなく、COLUMN句に含まれます。

列の自動圧縮およびSHOW TABLE

すべての列パーティションが、システム定義の形式とNO AUTO COMPRESSを使用した単一列パーティションである場合、Teradata DatabaseはCOLUMN句についてCOLUMN NO AUTO COMPRESSを報告します。

すべての列パーティションが1つの複数列を除く単一列パーティションであり、すべての列パーティションにシステム定義の形式とAUTO COMPRESSが指定されている場合、Teradata DatabaseはCOLUMN句についてCOLUMN AUTO COMPRESS ALL BUT((list_of_columns_in_the_multicolumn_partition))またはCOLUMN AUTO COMPRESS(list_of_the_columns_in_the_single-column_partitions)の長さが短くなる方を報告します。

すべての列パーティションが1つの複数列を除く単一列パーティションであり、すべての列パーティションにシステム定義の形式とNO AUTO COMPRESSが指定されている場合、Teradata DatabaseはCOLUMN句についてCOLUMN NO AUTO COMPRESS ALL BUT((list_of_columns_in_the_multicolumn_partition))またはAUTO COMPRESS(list_of_the_columns_in_the_single-column_partitions)の長さが短くなる方を報告します。

上記のいずれにも該当しない場合、列パーティションのうち少なくとも1つ(ただし、すべてではない)が単一列パーティションで、システム定義の形式とAUTO COMPRESSが指定されていると、Teradata Databaseは、COLUMN句について、システム定義の形式とAUTO COMPRESSが指定された単一列パーティションを除く、すべての列を指定するCOLUMN ALL BUT((list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns)、またはその両方(該当するオプションを含む))を報告します。

上記のいずれにも該当しない場合、列パーティションのうち少なくとも1つ(ただし、すべてではない)が単一列パーティションで、システム定義の形式が指定されていると、Teradata Databaseは、COLUMN句について、次のうちの短くなる方を報告します。
  • COLUMN AUTO COMPRESS ALL BUT(該当するオプションを含む(list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns))。この列グループでは、システム決定の形式とAUTO COMPRESSが指定された単一列パーティションを除く、すべての列パーティションを指定します。
  • COLUMN NO AUTO COMPRESS ALL BUT(該当するオプションを含む(list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns))。この列グループでは、システム決定の形式とNO AUTO COMPRESSが指定された単一列パーティションを除く、すべての列パーティションを指定します。

上記のいずれにも該当しない場合に、Teradata Databaseは、COLUMN句について、すべての列パーティションを指定するCOLUMN(該当するオプションを含む(list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns))を報告します。

上記のいずれにも該当しない場合に、Teradata Databaseは、グループ化句ですべての列パーティションを指定するCOLUMN句について、次のうち短くなる方を報告します。
  • COLUMN AUTO COMPRESS (該当するオプションを含む(list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns)、またはその両方)。
  • COLUMN NO AUTO COMPRESS (該当するオプションを含む(list_of_single_columns)または(list_of_multiple_columns)、またはその両方)。

派生PERIOD列とSHOW TABLE

派生PERIOD列はPERIOD FOR(begin_columnend column)として出力されます。派生PERIOD VALIDTIME列またはTRANSACTIONTIME列を含むテンポラル テーブルについては、AS VALIDTIMEまたはAS TRANSACTIONTIMEが派生PERIOD列の出力の後に続きます(該当する場合)。<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182>および<Teradata Vantage™ ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>を参照してください。