16.20 - FOR CONSTRAINT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

アクセス ロギングは、constraint_nameにより指定される行レベルのセキュリティ制約で中止されます。

次の操作リストは、行レベルのセキュリティ ロギングに適用されます。

END LOGGING文が行レベル セキュリティ ロギング(FOR CONSTRAINT constraint_name指定)に対するものであり、操作タイプを指定しない場合、その文によって行レベル セキュリティ関連のすべてのSQL操作タイプのロギングが停止されます。

  • DELETE
  • INSERT
  • OVERRIDE DELETE
  • OVERRIDE DUMP
  • OVERRIDE INSERT
  • OVERRIDE RESTORE
  • OVERRIDE SELECT
  • OVERRIDE UPDATE
  • SELECT
  • UPDATE

これらの操作タイプのすべて(デフォルトでロギングされないOVERRIDE DUMPとOVERRIDE RESTOREを除く)のロギングを終了しない場合は、END LOGGINGを適用する対象の各操作タイプを指定する必要があります。

行レベル セキュリティ操作のEND LOGGINGに対してON句を指定する場合、指定できる有効なオブジェクト タイプは行レベル セキュリティ テーブル、データベース、またはユーザーのみです。

  • データベースまたはユーザーを指定すると、Teradata Databaseは、その指定したデータベースまたはユーザーで、constraint_nameにより指定された制約を含んでいるすべてのテーブルのロギングを終了します。
  • テーブルを指定した場合、テーブルにはconstraint_nameに一致する行レベル セキュリティ列が含まれている必要があります。
  • オブジェクトを指定しない場合、システムは、constraint_nameが表示されるすべてのテーブルで、指定された操作での権限チェックのログを終了します。
constraint_name
行レベルのセキュリティ制約の名前。