16.20 - PROFILE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

指定するユーザーのプロファイル。前のプロファイルの指定は置き換えられます。

ユーザー プロファイルの割り当ての変更の影響:

  • 新しいプロファイルのパスワード属性の設定は、ユーザーが次回ログオンするときに有効になります。
  • 新しいプロファイルのスプールと一時領域設定は、即座に有効になります。
  • 新しいプロファイルの現行アカウントおよびデータベース設定は、ユーザーが次回ログオンするまで、またはユーザーがSET SESSION文を使用して明示的にそれらを変更するまで有効になりません。
  • 変更するユーザーのパスワードは、変更されるユーザーに割り当てられている新しいプロファイルに指定されているすべてのパスワード制御ルールに準拠する必要があります。一部のパスワード制御は、変更されるユーザーの子にのみ影響する場合があります。<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>の「Password Controls(パスワード制御)」を参照してください。
  • 新しいプロファイルのクエリー バンド設定は、セッションの次のリクエストで有効になります。
profile_name
ユーザーに割り当てるプロファイルの名前。プロファイルがすでにユーザーに割り当てられている場合は、新たに指定するプロファイルによって既存のプロファイルが置き換えられます。
NULL
ユーザーにプロファイルが割り当てられません。既存のプロファイルの割り当てが削除されます。

例: PROFILEオプションを使用したユーザーへのプロファイルの割り当て

この文は、スプール領域およびデフォルトのデータベース システム パラメータを定義するhuman_resourcesというプロファイルを作成します。

     CREATE PROFILE human_resources AS 
     SPOOL = 1500000, 
     DEFAULT DATABASE = personnel;

この文はhuman_resourcesプロファイルをユーザーortegaに割り当てます。

     MODIFY USER ortega AS 
     PROFILE = human_resources;