16.20 - 例: テーブルのパーティションの再評価 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のいずれかのイベントによって、orders表が不正にパーティション化された可能性があるとします。

  • 復元の後、パーティションが正しくパーティション化されなかった疑いがある。
  • テーブルを別のハードウェアまたはオペレーティング システムを稼働するシステムにコピーする。
  • システムの誤作動が発生した。
  • データ ディクショナリが以前のリリースで作成されたテーブルで更新されていない。

以下のいずれかのALTER TABLEリクエストを使用してordersテーブルのパーティションを評価することができます。最初のリクエストは問題のある行をすべて削除し、2番目のリクエストは問題のある行を新規テーブルに移動します。

     ALTER TABLE orders 
     REVALIDATE WITH DELETE;
    
     ALTER TABLE orders 
     REVALIDATE WITH INSERT INTO old_orders;

ordersは列パーティションであり、orders_cpという名前が付いているとします。以下のALTER TABLEリクエストは、この例の前の部分で評価されたのと同じ方法で、orders_cp表の行のパーティションを評価します。

     ALTER TABLE orders_cp 
     REVALIDATE WITH DELETE;
    
     ALTER TABLE orders_cp 
     REVALIDATE WITH INSERT INTO old_orders;